産後の肥立ちに大切なコト

いつもお読みくださり、ありがとうございます。

尾崎和美です。

さて、今回は、「産後の肥立ちって…」についてです。

産後の赤ち肥立ちって、

とにかく

【お金をかけるところ】だと思います。

産後ケアハウスに1か月は入院するつもりでとにかくゆっくりする時期です。

お産って、おめでたムードですよね。

赤ちゃんもかわいいから、ママのことがそっちのけになったりしがちなことも…。

 

ただ、お産後のママのカラダは、大なり小なり交通事故に遭ったような状態です。

普通、交通事故だったら、ゆっくり安静にしますよね。

お産もそれ同様で、傷を負っているので、とにかく回復するまではじっとしてください。

なんて、いつも生徒さんにも言うのですが、

今回、次男を出産した後、

 

とにかくじっとすることが大変だった私( ´∀` )笑

 

ある大好きなホメオパスの人に、

「尾崎さんは、回遊魚ですよね。動いていないと死んじゃう」

って言われたことがあるのですが、

まさに的を得た表現で、

だんだんと回復してくると、産後2週間くらいから動きたくて仕方がなかったのですが、

とにかく、「私はお姫様、お姫様。何もしない、何もしない…∞」と思って、

いろんなことに目をつぶりました!

 

ちなみに、一番つらかったことは、

「掃除ができない」こと。

産後は、義母や夫に掃除をしてもらっていたのですが、

なんせ私は視力がいい!

 

1.5とかあるので、

細かい汚れが相当気になるけど、やってもらっている立場だから、特に義母には「言えない・・・」

っていうのが一番つらかったです(;”∀”)

 

産後の肥立ちの話に戻しますが、

産後って、とにかくどれだけゆっくりと心身を休ませることができたか…

で肥立ちが変わってきます。

 

今回、私は次男の出産の後の産後サポートは、「義母」「産後サポーターに依頼」という形をとったのですが、

個人的には、

最強サポーターは、 「夫」だなぁって思いました。

 

義母ってやはり、気を遣うし、

産後のサポーターは、長男の時にもお願いしていたから、ココロ許せる人だったのだけど、

やっぱりどこかで気を遣うってしまう、私の心が働いちゃってね…。時間も限られるし。

実母は、なんせ一番気を気を遣ったので、

サポートに来てもらったのだけど、むしろ気疲れしてぐったりすることも…

 

ただ、みなさんにとって、

必ずしも、「夫」が産後の最強サポーターとは限らないかもしれませんよね。

普段、やっていなければ、「食事の準備」「掃除」「洗濯」「その他の家事」「赤ちゃんのお世話」「上の子のお世話」を急にするのは難しいかもしれませんが、

要は、どれだけあなたが、「やらせてきたか」だとも思います。

できなければ、ぜひ、やらせてみる。

少しずつ、少しずつ…

そして、

「産後の最強サポーターにしていく」

っていうプロセスが必要だなって。

 

その点、うちの夫は食事は作ることができたから、相当助かりましたが、

今は、掃除も洗濯も、随分と上手に( ;∀;)Wow!

でも、普段やっていない夫が

いきなりあなたの言うことを聞いても夫もしないだろうから、

【他者に教えてもらう】のが、

一番アリだよな…って

その方が、話がさっくり夫に入ったりするかな、と思います。

 

そこで、思いついたことがあるんだけど、

これ、またみんなでシェアできたらいいなって思います!

「夫、最幸・最強サポーター大作戦!」と称してさ、

まずは、簡単で時短だけど、電磁波を発するレンジとかも使わない

美味しくてカラダに優しくて、妊活にも、産後の母乳、

さらには離乳食にもなっちゃうような欲張りな料理を身に付けれたらいいのに…

 

今日もお読みいただいて有難うございます。

愛を込めて。

 

尾崎和美

KAZUMI OZAKI

助産師、臨床心理士

「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。

6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。お産満足度は100%、切迫早産をも予防。続々と「妊娠しました!」の報告を受けている。どこで産んでも、誰が産んでも、ママにも胎児にも負担が少ないお産「超安産」になる世の中になるよう尽力している。

好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。

電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」

【尾崎和美の無料メルマガ】

「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」

https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17

【尾崎和美 facebook】

https://www.facebook.com/kazumi.fukuoka.75

【尾崎和美 Instagram】

http://www.thepicta.com/user/kazumiozaki3/4526037418

【アメブロ】

https://ameblo.jp/arigatousunao/

【電子書籍】

妊活超入門

http://amzn.to/2nmOyiB

【定期交流会を開催していきます!】
気になる方は、LINE@のご登録を^ ^

◆ID検索
@dzu7750e

◆URL
https://line.me/R/ti/p/%40dzu77

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎和美 KAZUMI OZAKI 助産師、臨床心理士 「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。 6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。 好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。 電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」 【尾崎和美の無料メルマガ】 「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」 https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17