悩みが尽きない離乳食。そのワケ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悩みが尽きない離乳食。そのワケ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもお読み頂いて有難うございます。

尾崎和美です。

 

さて、今回は、離乳食について。

 

離乳食って、

本当、産後のママたちの悩みどころでね。

 

大抵、どこにいっても出てくる悩み。

 

それくらい、行政や本や、ネットの情報とずれちゃうってことよね。

 

そもそも、そのはずよね。

ひとりひとり、顔も背格好も性格も違うのに、

なんで、離乳食や発達段階は、

一般的には

「この時期にこうなります」

って書いてあるから、みんな翻弄されちゃうよね。

 

って、みんな翻弄され過ぎなのよ~。

 

「ずれて当然!」

 

だって、みんながみんな同じような食べ物を同じように食べ勧めていったら… 

正直、そんなシーンを想像しただけで、ちょっと気持ちが悪くなりません?

 

ゴックン、モグモグ、カミカミ だと~~~!怒

 

確かに、確かにありますよ!

口腔内の発達段階を考えると、

きちんと摂食・嚥下ができいるのか?!なんてあります。

もちろん、知識として持っていてもいいかもしれないけど、

子どもに食事をあげていくプロセスの中で、

 

明らかに

・欲しがらない

・丸呑みする

・下痢や便秘になる 

 

等があれば、

「我が子の食事の与え方を考える必要がある」って

そもそもママたちが分かると思います。

子ども達、自分に合わないと、きちんと嫌だと教えてくれます。

 

ちなみに、おっぱいを飲むときって、

哺乳瓶を使って飲むよりも、あごの力が60倍必要だと言われています。

だから、わざわざ離乳食でおかゆにする必要はなくて、

「普通のごはんを食べさせていい」

と言われています。

 

ただ、初めからどろどろした食べ物を食べないおかゆ嫌いな子もいます。

実際、うちはおかゆ嫌いだったから、普通ごはんから食べ始めたの。

でも、アレルギーもあったから、

食べ始めたのが遅くて、普通に1歳1か月くらいだったかな~。

離乳食がとにかく進まない。

 

さらに、「日本母乳の会」では、

手を伸ばして、よだれだらだらし出したら、

消化系が整ったって合図だから、その時期が食べさ始める時期なんだとか…。

 

でも、今度は、これを鵜呑みにしていくと、

うちの次男は、

まだ2か月だけど、

ご飯の度に、顔がワクワクしていてさ、笑

「くれるの?」

「くれるの?」

「それ何? 何?」

「食べたーい!!!!」

て手足ばたつかせて、よだれたらしてるよ。

 

離乳食開始の合図じゃん!

ってなっちゃう。

 

でも、正直、まだ迷い中です。

あげるかどうかね。

 

私、いつも思うけど、

【情報は全てではない。答えはいつも、ママと子どもが決める】

って思っています。

 

そりゃあ、専門家が言ったことって、

なんだか偉そうで、どうしていいかわからないときは

情報を全て受け止めて、

自分たちのイクジに当てはめようと、私たちママたちは当然しますよね。

だって、イクジって必死になりますよね^^

 

でも、合わないことが殆ど!

 

だから、

【情報はほどほどに受け止めつつ、気になるのであればやってみる。

でも合わなければ、すぐに止める。】

って、感覚がとても大切なの。

 

イクジは千差万別。

 

だから、大いに【イクジで悩んで欲しい!】

と思う。

【悩み万歳\(^o^)/】だよ。

(そもそも、イクジが上手くいったと思っているママのお子さんが、後々苦しんでいたりするしね…)

 

そしてね、

【ママが名医】って思うのです。

 

いつでも、ママが一番分かっている。

「どうしたらいのか」ってね。

 

ただ、一般的な情報と比較すると、

どうしていいのかが分からなくなり、自信がなくなるのよね。

 

イクジ、

一緒に大いに悩んでいきましょう!

 

でも、悩むことはいいことだ

悩んで正解だと、

自分のイクジに自信を持っていこう!

 

周囲の専門家も、

その私たちママたちの持てる力を信じて、

存分に引き出して欲しいなって思うから、

「あなたはどう思うの? 子どもはどうして欲しそう?」

なんて、優しい問いかけができるエンパワメントしてくれるアドバイザーが増えるといいよね。

 

って、ちょっとボヤキぽかったら、ごめんなさいね( ;∀;)

 

今日もお読みくださり有難うございました!

いつも、愛と感謝を込めて。

尾崎和美

KAZUMI OZAKI

助産師、臨床心理士

「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。

6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。お産満足度は100%、切迫早産をも予防。続々と「妊娠しました!」の報告を受けている。どこで産んでも、誰が産んでも、ママにも胎児にも負担が少ないお産「超安産」になる世の中になるよう尽力している。

好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。

電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」

【尾崎和美の無料メルマガ】

「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」

https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17

【尾崎和美 facebook】

https://www.facebook.com/kazumi.fukuoka.75

【尾崎和美 Instagram】

http://www.thepicta.com/user/kazumiozaki3/4526037418

【アメブロ】

https://ameblo.jp/arigatousunao/

【電子書籍】

妊活超入門

http://amzn.to/2nmOyiB

【定期交流会を開催していきます!】
気になる方は、LINE@のご登録を^ ^

◆ID検索
@dzu7750e

◆URL
https://line.me/R/ti/p/%40dzu77

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎和美 KAZUMI OZAKI 助産師、臨床心理士 「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。 6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。 好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。 電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」 【尾崎和美の無料メルマガ】 「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」 https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17