夫婦関係をよくする座り方 妊活中もお産のときも、イクジ中も影響する夫婦関係!

「夫婦や家族の食事の時の座り方」、あなたはどうしていますか?

 

うちは、以前引っ越しをする前は、ローテーブルに並んで食事をしていたのですが、

引っ越しをして今は、ダイニングテーブルに私の左横には長男、斜め前には夫が座る配置で座って食事をしています。

ところがある日、3歳4か月の長男が、「パパのところに座って食べる、パパはあっちに行って」と
いつもは自分が座る席にパパを促しました。

そうすると…

【見える世界が変わった】のよね。

いつもは左横から長男の食べ方や姿勢ばかりが気になっていたのですが、

真正面で長男の食べ方を見ていると、そんなに悪くなかった (笑)

角度的に、より長男の姿勢が悪く見えたみたいです。

そして、夫が横に座って食べたことで、距離感が近くて、思った以上によかった気がしました。(笑)

そこで、ふと思い出したことが二つあって、

1つは、私は臨床心理士なので、カウンセリングの時の私とクライアントさんの座り方にはものすごく気をつかっていたということ。

クライアントさんが、どこに座ると心地よくて話しやすいかということを配慮していたし、
そのことを学校にも教えていたんですよね。

ちなみに、座り方が
・正面に座ると、対決型といって、緊張感がでやすく議論したりしやすくなる
・横並びに座ると、一体感型といって、同じものを見ながら親密な会話ができる
・机の角を使って、斜めに座ると、調整型といって、そのときどきによって、目をそらしやすいので、相手との関係性を調節しやすくなるので、

カウンセリングの時は、調整型にすることが殆どでした。

そして、もう一つ思い出したことが、70歳の方に夫婦関係の秘訣を聞いた時の話です。

その方の話の内容は、

「夫婦で横並びでごはんを食べるの。そうすると、食べ方とか気にならないし、同じ方向を向かって食べるので、なんだか将来の方向性は同じ、そんな感じになるのよね」

と言っていました。

面白いもので、やっぱり知っていても、やって実感しないと気づきってでないんですよね。

長男の今回の何気ない、「パパと自分の席を交換する」というきっかけがあって実感したけど、

状況が調整できるのであれば、

「座り方」をご夫婦で調整しながらまずは実感してみてもいいかも、って思いました。

妊活中でも、妊娠中でも、産後でも、いつまでも、

夫婦関係って「対人間」の根本的なところなので、ちょっとしたことで大きく変わるかもしれないから、まずはお試しを^^

 

「赤ちゃんが欲しいな」と思った時から、

ぜひ妊娠、お産、イクジの準備を始めていきましょう。

この今の行動が、これから20年先の未来の子どもの伸びやかな成長に繋がっていくから―

 

いつも沢山支えて頂き、感謝です。

愛を込めて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとがき

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうでもいい話。

長男の最近のお気に入りは、「味噌汁にはいったなめこ」。

なめこをたべながら長男が一言。

「なめこって泳げると~~~~」

( ´∀` )笑

そうか、ぬめぬめするから、魚のように泳げると思ったのね。

子どもの発想て面白い。思わずなめこが海を泳ぐところを想像してしまった私でした^^

 

………………………
尾崎和美
KAZUMI OZAKI
助産師、臨床心理士

「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。
6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。お産満足度は100%、切迫早産をも予防。続々と「妊娠しました!」の報告を受けている。どこで産んでも、誰が産んでも、ママにも胎児にも負担が少ないお産「超安産」になる世の中になるよう尽力している。
好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。
電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」
【尾崎和美の無料メルマガ】
「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」
https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17
【尾崎和美 facebook】
https://www.facebook.com/kazumi.fukuoka.75
【尾崎和美 Instagram】
http://www.thepicta.com/user/kazumiozaki3/4526037418
【アメブロ】
https://ameblo.jp/arigatousunao/
【電子書籍】
妊活超入門
http://amzn.to/2nmOyiB

【定期交流会を開催していきます!】
気になる方は、LINE@のご登録を^ ^
◆ID検索
@dzu7750e
◆URL
https://line.me/R/ti/p/%40dzu77

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎和美 KAZUMI OZAKI 助産師、臨床心理士 「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。 6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。 好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。 電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」 【尾崎和美の無料メルマガ】 「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」 https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17