35歳からは妊娠しにくい?35歳からの自然妊娠率アップの妊活方法とは

35歳からの妊娠と言えば、「出産数は30歳から徐々に減少し、35歳を過ぎるとその傾向は顕著になり、40歳を過ぎると急速に減少します」なんて、言われると…、『あ、わたしもう35歳過ぎてしまったら、もう不妊治療をしなくては…』なんて思いますよね。

でもちょっと待ってください! 一般社団法人日本生殖医学会からの引用と使われているグラフを拝借させて頂きました。

このグラフ、びっくりすることに、「避妊法が確立されていない17~20世紀における女性の年齢と出産数の変化について調べた研究」なのです。

つまり、300~400年前のデーターです。1961年の論文です。この古さに、「おや?」ってちょっと疑問を持ってももいいかもしれません。

図1 女性の年齢による妊孕力の変化

このように古いデータを元に、不妊治療に関する話が繰り広げられているということなのです。

データの切り取り方、見せ方に、私たちはもっと慎重になってもいいように思います。

ただ、加齢に伴い妊娠しにくくなってくるのは事実ですし、出産にリミットがあるのが自然の摂理なのです。そのため、ターニングポイントは、40~41歳と思いながら、あなたがもっている妊娠力をアップさせていきましょう。

世界で初めて体外受精が成功したのは、体外受精はケンブリッジ大学のロバート・エドワーズ教授と婦人科医パトリック・ステップトー氏によって1978年です。これによって、体外受精でなければ妊娠体外受精が成功しました。

ただ、実は昔の方が40歳以上の出産件数は明らかに多かったのです。

図2 妊娠適齢期を意識したライフプランニング|国立成育医療研究センター、周産期・母性医療診療センター齋藤英和 14-12-12内閣府資料2より一部抜粋

この図2を見ると、明らかに1930年代の方が35歳以降の出産が多いことが分かります。

なぜ、こんなにも妊娠しにくくなってしまったのでしょうか。不妊治療の技術やスキルがアップしているにも関わらずです。

…これは、大きくストレスが原因だと言われています。
心のストレス、そして生活環境でのストレス―…。

納得している不妊治療であれば、続けていてもストレスは大きくはないかもしれません。ただ、あなたの根本的なところ、すなわち、心のところ、身体のところ、生活環境のところ(食事、生活リズム、人間関係)のところを整えながらの妊活と、このベースが整っていないところでの妊活では、赤ちゃんの授かりやすさは、そしてその後の妊娠継続力、安産力…まで影響していきます。

便利なこの世の中において、あなたは時短や効率化を図り、大切なところを見失ってはいないでしょうか? 大切なところを押さえながら、あなたの心を軽くしながら、あなたが本当に向かいたい方向へ向かっていける方法がまだあります。

それを惜しみなくご紹介します!

▼▼▼

2019年12月27日電子書籍出版!!

メール通信でいち早くお知らせします。

https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17

本文35歳からの妊活超入門 心を軽くする33ステップ
キーワード:自然妊娠力アップ 胎児の力 心身ケア 生活環境改善 

 

尾崎和美プロフィール

KAZUMI OZAKI

超安産プロデューサー、助産師、臨床心理士

「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための

「妊活、安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後

助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。

6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、

学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。

独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。

お産満足度は100%、切迫早産をも予防し、続々と「妊娠しました!」の報告を受けている。

どこで産んでも、誰が産んでも、ママにも胎児にも負担が少ないお産「超安産」

になる世の中になるよう尽力している。

好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。

好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。

好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。

好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、多分剣道。

 

【尾崎和美の公式HP】http://anzan.online/

【尾崎和美の無料メール通信(時々)】「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」

https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17

【尾崎和美 facebook】https://www.facebook.com/kazumi.fukuoka.75

【尾崎和美 Instagram】http://www.thepicta.com/user/kazumiozaki3/4526037418

【アメブロ】https://ameblo.jp/arigatousunao/

【LINE@:交流会を開催!】◆ID検索 @dzu7750e ◆URL https://line.me/R/ti/p/%40dzu77

【Podcast】尾崎和美の妊活中から聴く 〜超安産入門〜

お産にちなんで、おSun(産)day evening 日曜日20時 配信中

http://apple.co/2yyYnQY

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

尾崎和美 KAZUMI OZAKI 助産師、臨床心理士 「赤ちゃんが欲しい!」と思っている妊活中の方、妊婦、イクジ中のママ、その子ども達の力を生かすための「安産」のプロデュースをしている。1977年福岡生まれ。九州大学医療技術短期大学部卒後助産師の資格を取得し、九州産業大学大学院卒後臨床心理士の資格を取得。 6,000人以上の妊婦さんや母親と関わり、ママにも胎児にも負担が少ない「超安産」に導くだけでなく、学校現場で苦しむ母子と関わる中で、「お産」を通して、その後20年の母と子の幸せを約束する独自の「超安産メソッド」を構築。独立後、多くの方の安産をプロデュースし、関わった多くの人たちを、「妊娠」「超安産」「楽しくて幸せなイクジ」に導いている。 好きな歌手は、宇多田ヒカル。Flaver Of Life。好きな芸能人は、小雪。中谷美紀。永作博美。松潤。松本人志。好きなマンガは、スラムダンク、花より団子。好きなのはフィギュアスケート観戦。特技は、剣道。 電子書籍 Amazonランキング1位「妊活超入門」 【尾崎和美の無料メルマガ】 「不安なお産が楽しみに変わる!陣痛を和らげる超安産へのルート」 https://a02.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=608&s=4&f=17